リンパ浮腫って?

心臓から動脈で送られた血液は、毛細血管で全身の細胞に酸素や栄養を届け、不要になった老廃物などを受け取ります。動脈血の約90%は静脈を流れて心臓に帰りますが、残り10%ほどは毛細リンパ管に入りリンパ液になり、毛細血管で受け取れなかった大きな老廃物や異物を流す経路になります。
毛細リンパ管は皮膚の下を網の目の様に張り巡らされていて、集合リンパ管、リンパ本管とだんだん太くなりながら、体の深部を走るようになります。最終的には左頸で静脈に合流します。
リンパ管の途中には小さく膨らんだリンパ節があり、リンパ液に含まれた細菌や異物を処理しています。リンパ節は脇の下や足の付け根に多く集まっていて、左足付け根のリンパ節は左下半身、右脇のリンパ節は右上半身というように、受け持ち場所が決まっています。リンパ節が腫れるというのは、受け持ち領域に炎症が起きていることを意味しています。

リンパ浮腫の原因には色々なケースがありますが、もっとも一般的なのは、悪性腫瘍の手術でリンパ節を取った場合で、受け持ち領域のリンパ液が滞り、溜まっていきます。これがリンパ浮腫です。でも、まだ水分が多く改善しやすい段階です。
このまま放置すると、組織が繊維化、たんぱく質も溜まり、硬くなっていきます。しかし、どういう状態であれ、正しい治療を行うと改善は見られるので、あきらめないことが大切です。

フェルディ式のリンパドレナージは、溜まったリンパ液を、リンパ節の支配領域を超えて健康なリンパ節に導くマッサージです。